トップページ>JA滋賀蒲生町について>経営理念・方針
JA滋賀蒲生町経営理念

●経営理念

私たちは「誠心」「誠意」を信条に、時代を見据えた協同活動を展開し、着実に豊かな地域社会づくりをリードします。

「誇りと信頼度No.1を目指します。」

1.
礼儀正しく、親切・誠実・公平な態度で明るさをもって組合員対応をする。
2.
人間的な信頼関係を築き、組合員とのふれあいを深める。
3.
業務に精通し、迅速にして、正確・丁寧に責任を持って業務を遂行する。
4.
「自己啓発計画」を樹立・実践し、職務に必要な知識・技能・態度の向上を図る。
5.
職場規律を守り、意志疎通と協調によって職場の活性化を図る。
6.
組合員の財産である組合の施設、機械器具、備品など大切に維持管理する。
7.
家族を含め心身の健康管理に努め、常に意欲を持って与えられた職務に取り組む。
JA滋賀蒲生町経営方針

●経営方針


第7次中期経営計画のメインテーマ

1.
JA地域農業戦略:農家組合員の所得増加と農業生産の拡大
  集落営農法人との連携により、担い手組織の強化に取り組みます
2.
JA地域くらし戦略:総合事業による地域の活性化とくらしの支援
  「集まる」≪場≫の提供により、豊かでくらしやすい地域社会の実現に取り組みます
3.
JA基盤経営戦略:自己改革を支えるJA経営基盤の強化
  JA経営の健全性向上とコンプライアンス態勢の強化に取り組みます

「基本活動」

1.
JA地域農業戦略
   ・担い手経営のニーズに応える個別対応力の強化
   ・実需者ニーズに基づく多様な経営方式による販売力強化
   ・生産から販売までのトータルコストの低減の取組み
   ・多様な担い手の営農活動支援、集落機能維持等への役割発揮の支援
   ・営農、経済事業への事業強化への取組み
2.
JA地域くらし戦略
   ・地域実態・ニーズをふまえたJA事業とJAくらしの活動の展開
   ・JAくらしの活動を通じた地域コミュニティーの活性化への取組み
   ・食と農、地域とJAを結ぶ取組みの実践
3.
JA経営基盤戦略
   ・自己改革を支える組織基盤強化・組織活動支援の実践
   ・JA経営健全性向上の実践
   ・自己改革への職員の意識改革と人材育成